/

この記事は会員限定です

匿名化ツール、ネット統制のロシアで利用増

「市民に自由を」 SNS事業モデルに影響も

[有料会員限定]

ロシアのウクライナへの軍事侵攻を受け、両国の市民の間でインターネット通信の匿名性を高めるソフトウエアの需要が急増している。既存の閲覧ソフトやSNS(交流サイト)経由では反ロシアの主張を含んだ情報を得られなくなったためだ。ネット統制への反発がプライバシー技術の普及を促し、個人データの活用で成長してきたSNSなどの競争環境にも影響を与える可能性がある。1面参照)

米ツイッターは9日、「ダークウェブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1670文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン