/

この記事は会員限定です

プーチン氏、ウクライナ侵攻を正当化 20万人集会

放送中断トラブルも

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】ロシアがウクライナ南部のクリミアを併合してから8年を記念した集会が18日、モスクワで開かれた。大観衆の前で演説したプーチン大統領はロシア系住民を大量虐殺から解放するために、ウクライナでの「作戦」が必要だったと改めて侵攻の正当性を訴えた。中継した国営テレビの番組では演説途中で別の映像に突然切り替わる一幕があった。

モスクワの治安当局によると、会場となったルジニキ・スタジアムの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン