/

この記事は会員限定です

世界で感染再拡大の兆し

オミクロン派生型の割合増、アジア・欧州で顕著 死亡率は低下

[有料会員限定]

世界の新型コロナウイルスの新規感染者数が再び増加に転じている。行動規制が撤廃・緩和されたほか、オミクロン型の派生型「BA.2」の感染拡大が背景にあるとみられる。アジアや欧州で増加傾向が顕著に表れている。ワクチン接種が進んだこともあり死者や重症者の数は抑えられているが、新たな変異型も確認されている。各国とも経済や社会活動の正常化に向けて動き出しており、感染対策との両立を模索している。

米ジョンズ・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン