/

この記事は会員限定です

バナジウム3年ぶり高値 製鋼用レアメタル

ロシア産供給懸念

[有料会員限定]

鉄鋼生産の添加剤として欠かせない金属類が軒並み高騰している。レアメタル(希少金属)のバナジウムは約3年ぶりの高値圏になった。ウクライナ情勢の緊迫化でロシアからの供給懸念が高まったためだ。脱酸素剤に使うフェロシリコンなども高い。鉄鋼業界はロシア産の代替調達先を模索するが産地は限られ、価格上昇に拍車がかかっている。

代替産地は限定

添加剤は主に、製鋼の過程で鉄鋼と化学反応させ、酸素を取り除くなど成分を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン