/

この記事は会員限定です

5月19日 地方分権推進法が公布、「主従」から「対等」へ

[有料会員限定]

1995年5月19日、自治体への権限や財源を移譲するための地方分権推進法が公布された。第三者機関である地方分権推進委員会に分権推進計画の具体的指針についての首相への勧告権などを持たせ、首相に対しては委員会の意見を尊重するよう義務付けた。

「集権・画一」から「分権・多様」への転換を促すきっかけとなり、99年の地方分権一括法、2006年の第2次地方分権推進法(地方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン