/

この記事は会員限定です

直筆手紙で心がホッと

学校や商店街呼びかけ 未来の自分に届くポスト

[有料会員限定]

新型コロナウイルスで東京などで外出自粛が続く中、直筆の手紙が見直されている。手書きで文字をつづり、相手を思いやることで自身の心も安らぐ効果などがあるようだ。郵便局や小学校、商店街で手紙を書こうと呼びかける取り組みが広がっている。メールやSNS(交流サイト)より手間はかかるが形がある分、相手に気持ちやぬくもりが伝わりやすい良さもある。

「りゅう太くん、のぞみちゃん コロナがおちついたら、またあそぼう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1522文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン