/

この記事は会員限定です

米、経済再開で外出5%増

グーグル集計 4月前半比

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子、後藤達也】米国の各州で経済活動の再開が進み、市民の外出時間が増えてきた。米グーグルが地図アプリの匿名情報を集計するデータによると、利用者の外出時間が直近(3~9日の平均)で4月前半のピーク時より5%増えた。自宅滞在時間がその分、減っていた。ただ州によっては感染の収束より再開を優先しており、新規の感染者数が再び増える懸念も強まっている。

グーグルは公衆衛生当局の要請で、地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1025文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン