ヤマトHD、純利益13%減
前期、企業間の荷物落ち込む 宅配関連の外注費抑制

2020/5/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ヤマトホールディングスが15日に発表した2020年3月期の純利益は前の期比13%減の223億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大で企業間の荷物が落ち込み、数億円の減収要因になった。外出自粛が広がりインターネット通販の「巣ごもり」需要は伸びているが、緊急事態宣言が解除された後は一服するとみて21年3月期の業績予想は「未定」とした。

20年3月期の売上高は前の期よりわずかに増え1兆6301億円、営…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]