/

この記事は会員限定です

電子の振る舞い 再現するAI開発

[有料会員限定]

東京大学 杉野修教授らは、物質中の電子の振る舞いを精度よく再現する人工知能(AI)を開発した。従来のモデルでは計算が難しかった電子同士の相互作用も数式で表現できる。未知の物質の性質を高精度に予測できるため、新しい素材の探索や設計に役立つ。

物質が持つ性質の多くは、電子の振る舞いで決まる。性質を予測するため、電子の振る舞いを再現する数理モデルが考案されてきたが、離れた電子と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン