電子の振る舞い 再現するAI開発

2020/5/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京大学 杉野修教授らは、物質中の電子の振る舞いを精度よく再現する人工知能(AI)を開発した。従来のモデルでは計算が難しかった電子同士の相互作用も数式で表現できる。未知の物質の性質を高精度に予測できるため、新しい素材の探索や設計に役立つ。

物質が持つ性質の多くは、電子の振る舞いで決まる。性質を予測するため、電子の振る舞いを再現する数理モデルが考案されてきたが、離れた電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]