バッタ大量発生、食糧危機の恐れ ケニアなど被害深刻 国際農林水産業研究センター研究員 前野浩太郎氏

2020/5/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

アフリカ東部から南アジアにかけて広い地域でサバクトビバッタが大量発生し大きな被害をもたらしている。バッタの群れが農作物などを食い尽くす「蝗害(こうがい)」は古くからあるが、今回は気候変動との関連を指摘する見方もある。サバクトビバッタの生態を研究する前野浩太郎・国際農林水産業研究センター研究員に聞いた。

――国連食糧農業機関(FAO)はエチオピアやケニアなどで約2千万人が食糧危機の状態にあり、ソマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]