/

この記事は会員限定です

ショーケース・ギグ社長 新田剛史氏

モバイル注文、外食に導入

[有料会員限定]

「コロナ禍をきっかけに飲食店のデジタル化の流れは加速する」。スマートフォンを使った飲食店向け注文システムのショーケース・ギグ(東京・港)の新田剛史社長は確信する。同社は国内で同分野の先駆けであり、現在は約3000店が導入する。4月は飲食店からの問い合わせが1月と比べて10倍に増えた。

新田社長はミクシィを経て2012年に起業した。「ネットの利便性とリアルを融合させるサービスを作ろう」と考え、モバイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン