/

この記事は会員限定です

止まった文化 フリー・中小事業者は今(上)

支援策は増えてきたが… 大都市圏で見通し立たず

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大で音楽や演劇などのイベントが止まって3カ月近く。活動の場と収入が途絶え、文化の現場を担うフリーランスや中小事業者はかつてない不安と生活難に直面している。

「仕事なんて何もない」。そう語るのは、東京都内のライブハウスを中心に、20年以上フリーの音響エンジニアとして働いてきた一色藍氏だ。

給付金などの公的支援策をできるだけ活用するつもりだが「仮にライブハウスの営業が再開された...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1774文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン