/

この記事は会員限定です

ビデオ会議、法的リスクに注意

情報漏洩への賠償は困難も

[有料会員限定]

新型コロナ感染症対策の在宅勤務でビデオ会議の利用機会が急増するなか、会議システムからの情報漏洩リスクが顕在化している。相次いで脆弱性が指摘された「ズーム」は対応を急いでいるが、今後もシステムを通じた情報漏洩の懸念はつきまとう。使い手側の企業は、どういった点に注意を払っておくべきだろうか。

企業の機密や個人情報などが、ビデオ会議システムを通じて漏洩した場合には、発生した損害について賠償をシステム提供...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン