/

この記事は会員限定です

町民つなぐキウイ再生 避難先から参加、畑で交流

福島・大熊、被災前の特産

[有料会員限定]

東京電力福島第1原発事故で一時全町避難した福島県大熊町で、有志が特産品だったキウイを復活させようと栽培を始めた。町民約1万人のうち98%が町外に避難するが、町と関わりたいという人も多い。収穫イベントなど、遠くにいる人同士が町で交流できる場をつくるのが狙いだ。

4月中旬、町職員や住民らでつくる「おおくまキウイ再生クラブ」のメンバー約15人が雨の中、避難指示が昨年解除された地域にある約500平方メー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン