/

この記事は会員限定です

「ブロックオファー」取引 証券各社、社内規定を点検

呼称バラバラ/統一指針求める声も

[有料会員限定]

SMBC日興証券の社員が相場操縦の疑いで逮捕されたことを巡り、証券各社は自社の売買管理体制などの点検を進めている。疑惑の対象となった「ブロックオファー」は、呼称も手続きも各社で異なる。ルールが曖昧な部分も残り、統一指針を求める声も出てきた。

ブロックオファーは企業の大株主の株式を買い取り、特定日の終値をベースに時間外で投資家に転売する。この取引の細かなプロセスなどは日本証券業協会で規定されておら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン