新興国でビットコイン需要急増
「資金逃避先」購入相次ぐ

2020/5/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【サンパウロ=外山尚之】新型コロナウイルスの感染拡大で新興国からの資金流出が続くなか、通貨安が進む国で暗号資産(仮想通貨)ビットコインへの需要が高まっている。アルゼンチンやレバノンなど資本規制で外貨が入手しづらい国ではドルに代わる資金逃避先として購入が相次ぐ。2017年末のバブルのような盛り上がりは欠くものの、自国通貨が不安定な地域では資産として着実に浸透しつつある。

12日はマイニング(採掘)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]