/

この記事は会員限定です

給油所新時代(上)石油メジャー、EVで転身

迫る脱ガソリン、将来像模索 BP、法人開拓へ新興買収

[有料会員限定]

給油所を取り巻く環境が厳しさを増している。国内ではガソリン需要が落ち込み、全国の給油所数は1990年代のピークから半減。電気自動車(EV)が急速に台頭する欧米では石油メジャーがいち早く将来像を探る。急激な脱ガソリンのうねりにどう対応するのか。もがく現場から「給油所新時代」を読み解く。

「私たちはグローバル展開する顧客にサービスを提供するため、新しいインフラとテクノロジーに投資し続ける」。2021...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン