/

「藻類産業」 宇宙食・衣類に

CO2を吸収、脱炭素でも注目 業界の垣根越え連携拡大

[有料会員限定]

二酸化炭素(CO2)を吸収し食料や燃料の代替品にもなる「藻」の産業化が加速している。日光と水があれば砂漠などの環境下でも培養可能で、油やたんぱく質を生成できる。藻類由来の製品はCO2の排出量が少なく脱炭素の側面でも注目されている。ENEOS三井化学などが参画し藻類の産業化を目指すプロジェクトが発足するなど、多業種を巻き込み研究開発が活発化している。

シンガポールに拠点を置くちとせバイオエボリュ...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません