/

この記事は会員限定です

神戸市、北神急行を市営化 北部の人口減 抑制へ奇策

[有料会員限定]

神戸市は6月、市街地と市北部を結ぶ北神急行電鉄(神戸市)を筆頭株主の阪急電鉄から譲り受け、市営化する。直通運転している北神急行と神戸市営地下鉄の運営を一体化することで「日本一高い初乗り運賃」を安くする。沿線住民を増やし、人口減少に歯止めをかける狙いだ。

1988年開業の北神急行は、山陽新幹線・新神戸駅そばの新神戸駅と谷上駅(同市北区)の2駅を結ぶ。約7.5キロメートルの大部分は六甲山を貫くトンネル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン