/

この記事は会員限定です

ロシア検察、政府批判の外資に警告

経営者逮捕も

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな】ロシア検察当局は14日までに、米コカ・コーラやマクドナルドなど欧米企業に対して、政府を批判する現地の経営者を逮捕したり、資産を差し押さえたりすると警告した。ロシア政府が国内の事業停止や撤退を決めた外資系企業の資産を接収することを検討していることに連動したものとみられる。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が報じた。警告を受けたとされる企業には、プロクター・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り458文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン