/

この記事は会員限定です

丸紅と日本製紙、技術提携

木材チップ、生産性向上へ

[有料会員限定]

丸紅日本製紙は、インドネシアの植林事業で技術提携した。丸紅の植林子会社に日本製紙の技術者を受け入れ、木材チップの生産性を5割程度高めてきた日本製紙の技術を導入する。世界的な建材需要が高まるなか、ロシアのウクライナ侵攻を巡る経済制裁などで供給不足が懸念されている。両社のノウハウを持ち寄り、木材の供給力を高める。

丸紅は子会社「ムシ・フタン・ペルサダ(MHP)」を通じてインドネシアの南スマトラ州で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り535文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン