/

この記事は会員限定です

解除目安「10万人に週0.5人以下」8都道府県で未達

検査態勢など総合判断

[有料会員限定]

政府は14日、専門家会議が作成した基準をもとに、緊急事態宣言を解除する都道府県を選定する。基準の原案によると、解除の目安の一つが「10万人当たりの1週間の感染者が0.5人以下」だ。直近の状況で試算すると東京や大阪など8都道府県が満たしていない。ただ、解除対象はこれ以外の要素も含めた総合判断で決まる見通しだ。(1面参照

2019年10月時点の人口推計と日本経済新聞の感染者集計データを基に47都道府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン