/

この記事は会員限定です

中国、IT調達に安保審査義務

インフラ企業対象

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国は6月から通信や交通など公共インフラ運営企業が、サーバーなどのIT(情報技術)機器を調達する際に安全保障の審査を義務付ける。政治や外交によって供給が中断するリスクを考慮するとしており、外資系企業が締め出される恐れがある。(関連記事国際面に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン