/

この記事は会員限定です

若年層がん患者の不妊治療を助成 厚労省、来年度から

[有料会員限定]

厚生労働省は11日、若年層のがん患者などが不妊治療を受ける際の新たな助成制度を2022年度から設ける方針を示した。放射線や抗がん剤を用いた治療の一部は妊娠の確率を下げる恐れがある。4月から始まる不妊治療の保険適用は不妊症と診断された人だけが対象になり、がん治療などの理由で適用を希望する人が対象外になる懸念があった。

厚労省が同日開いた検討会で制度案を示した。がん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません