私学収入減、経営に懸念 9月入学なら 移行期、学費得られず

2020/5/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府が検討する「9月入学」を巡り、私立校関係者の間から経営への不安の声が上がり始めた。日本教育学会は移行期の5カ月間に、私立大が総額1兆円の学費を失うとする見解を示した。資金難への懸念が指摘されるが、グローバル化の推進で大学の魅力を高め、国内外から学生を集める経営も求められる。(1面参照

文部科学省の2019年度調査では、私立校は全国の高校約4900校のうち27%、大学は786校のうち77%を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]