/

この記事は会員限定です

新型コロナ 資金繰りここに注意(上)

雇調金 助成金額に上限、特別貸付 支給までに時間

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国や地方自治体が中小企業や個人事業主の資金繰りを支援する施策を相次ぎ打ち出している。ただ、雇用調整助成金には助成金額に上限があるほか、各種融資は金利や融資実行までの期間、融資額の上限が異なるなど注意が必要。既存の主な支援策の内容や利用する際の注意点をまとめた。

「雇用調整助成金(雇調金)」は経済上の理由で事業活動縮小に追い込まれた事業者が従業員を休ませ、平均...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン