横浜国立大と三菱地所、起業家らの交流で連携 関内エリアで技術開発

2020/5/13付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

横浜国立大と三菱地所は12日、横浜市中心部の関内エリアで外部の技術を開発に生かす「オープンイノベーション」を推進するための共同研究を始めたと発表した。スタートアップ支援拠点「YOXO BOX(よくぞボックス)」(同市)などを拠点に横浜で活動する企業や起業家らの相互交流を促すなどして、新ビジネスの展開を後押しする。

両者が4月、共同研究協定を結んだ。産学連携でス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]