/

この記事は会員限定です

遠隔授業活用、6割「実施」 4割弱が「視野」

駆け込みの様相、課題多く

[有料会員限定]

文部科学省が4月下旬に国公立、私立大学に調査したところ「多様なメディアの高度な利用などを通じて、教室外の学生に対して行う授業(遠隔授業)の活用」を実施すると答えたのは59.8%だった。検討中と回答した38.8%を含めると、ほぼすべての大学が何らかの形でオンライン授業導入を視野に入れている計算になる。

2016年度の文科省の調査では同様の設問に対し、遠隔授業を実施すると回答した割合は国公立、私立大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン