遠隔授業活用、6割「実施」 4割弱が「視野」 駆け込みの様相、課題多く

2020/5/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

文部科学省が4月下旬に国公立、私立大学に調査したところ「多様なメディアの高度な利用などを通じて、教室外の学生に対して行う授業(遠隔授業)の活用」を実施すると答えたのは59.8%だった。検討中と回答した38.8%を含めると、ほぼすべての大学が何らかの形でオンライン授業導入を視野に入れている計算になる。

2016年度の文科省の調査では同様の設問に対し、遠隔授業を実施すると回答した割合は国公立、私立大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]