/

この記事は会員限定です

復興のその先へ(4)津波の記憶、VRでつなぐ

遠隔で体験、防災研修2000人 若い語り部育成にも力

[有料会員限定]

東日本大震災の発生から11日で11年となった。時の経過とともに震災の経験を未来につなげる語り部たちは年を重ねていく。教訓をどう継承していくかはどの災害にも共通する課題だ。近年は記憶の継承に、仮想現実(VR)の新たな技術が一役買う。幼かった被災地の子どもたちも「風化させたくない」との思いから、次世代の語り部へと手を挙げている。(1面参照

「当時、職員が身をていして津波をかぶる直前まで避難誘導を呼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1551文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン