/

この記事は会員限定です

自殺対策団体、4割休止

全国55団体回答「対面相談難しく」

[有料会員限定]

一般社団法人「いのち支える自殺対策推進センター」は12日までに、自殺対策や遺族支援に取り組む民間団体の状況を調べた緊急アンケートの結果を発表した。全体の4割が「新型コロナウイルスの影響で、対面相談が難しい」などとして活動を休止していた。

調査は4月24~30日、全国70団体に電話やインターネットで状況を聞き取り、55団体が回答した。

通常通り活動していたのは9団体(16.4%)で、22団体(40....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン