三越伊勢丹の全店休業 今期、1カ月150億円減益 前期営業益は46%減

2020/5/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三越伊勢丹ホールディングスは11日、2020年3月期連結決算を発表した。営業利益は前の期比46%減の156億円。21年3月期の業績予想は未定としたうえで杉江俊彦社長は、一部店舗の食品売り場を除き続いている全店休業が「1カ月あたり150億円の営業減益要因になる」と説明会で明らかにした。

同社は4月21日から全国の20店のうち、地方の11店の食品売り場を除いてすべて休業している。今期の業績予想は4~…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]