/

この記事は会員限定です

韓国新政権、不動産高騰の対策急務に

5月発足へ、格差や少子化も課題

[有料会員限定]

9日投開票の韓国大統領選挙を経て5月に誕生する新政権には課題が山積する。文在寅(ムン・ジェイン)政権の5年間で不動産価格は高騰し、経済格差は一層拡大した。急速な物価上昇によって20~30代は相対的に貧しくなり、世界最速ペースの少子化にも歯止めがかからない。対北朝鮮や米中のはざまで揺れる外交の立て直しも急務となる。1面参照)

選挙戦の最大の争点となったのが不動産問題だった。文政権下でソウル市のマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン