/

この記事は会員限定です

内藤瑛亮さん 「許された子どもたち」監督

一人ひとりと向き合う

[有料会員限定]

女子中学生たちの暗い衝動を描いた「先生を流産させる会」(2012年)で注目された新鋭監督が再び問題作を撮った。「許された子どもたち」(6月1日公開)は、同級生をいじめて殺してしまった中1男子の「その後」を描く。息子の無実を妄信する母親、そんな母子に対する激しいバッシング、事なかれ主義の大人たち……。現代社会の不毛と子供たちの生きづらさが浮かび上がる。

特別支援学校の教員を務めながら、映画制作を始め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り488文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン