/

この記事は会員限定です

植物由来プラ、藻・古紙で安く

ユーグレナやカミーノ

[有料会員限定]

植物由来のプラスチック(バイオマスプラスチック)を安価に作る技術が確立されてきた。ユーグレナはバイオ燃料などにも使うミドリムシを原料としたバイオマスプラを開発。環境配慮型素材を手掛けるカミーノ(東京・港)は古紙から作る。バイオマスプラの原料には主にポリ乳酸が使われているが、石油由来プラと比べ価格は2倍のため一部の製品やレジ袋などでしか使われていない。価格が下がれば普及が進む可能性がある。

7月から小売店を対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン