/

この記事は会員限定です

新興国に配慮したESG投資を

元欧州復興開発銀行総裁 ジャック・アタリ氏

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)投資など持続性を考慮するサステナブル投資が、世界中で大きな盛り上がりをみせている。政府側では、2015年に採択された温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に、資金の流れを気候変動に対応させることが盛り込まれた。指導者層の間で、ESGなどに取り組む企業への資金供給「サステナブルファイナンス」に対する意識が高まった。

市場側では、情報に敏感な消費者が、倫理的・社会的に許容で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン