/

この記事は会員限定です

人工肺の血栓原因解明

コロナ重症患者治療の弱点 東大教授ら

[有料会員限定]

東京大学の原田慈久教授らは、新型コロナウイルスの重症患者の治療に使われる体外式膜型人工肺(ECMO=エクモ)の弱点であるチューブ内部での血栓の発生原因を突き止めた。血栓ができにくくなるコーティング剤の開発に取り組み、チューブに塗るだけで使えるようにする。1年後にチューブの臨床試験の開始を目指す。

エクモは新型コロナで重篤な呼吸困難に陥った患者の肺の代わりとして働く医療機器。治療薬のない重症患者にと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン