/

この記事は会員限定です

「9月入学」課題多く 現場の声聞き、戦略緻密に

早稲田大学総長 田中愛治 目的と大義区別/国際化には他の施策も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響が深刻化する中、「9月入学」が急浮上してきた。田中愛治・早稲田大学総長は抜本的対策が必要という雰囲気に流されるのではなく、熟慮と熟議に基づく周到な計画が必要と指摘する。

早稲田大学を代表するものではなく、個人の見解であることをお断りした上で、9月入学に対する意見を述べたい。

9月入学を実行するには、9月入学案の目的と大義は何かということを熟慮・熟議しておく必要があろう。9月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1995文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン