「9月入学」課題多く 現場の声聞き、戦略緻密に
早稲田大学総長 田中愛治 目的と大義区別/国際化には他の施策も

2020/5/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響が深刻化する中、「9月入学」が急浮上してきた。田中愛治・早稲田大学総長は抜本的対策が必要という雰囲気に流されるのではなく、熟慮と熟議に基づく周到な計画が必要と指摘する。

早稲田大学を代表するものではなく、個人の見解であることをお断りした上で、9月入学に対する意見を述べたい。

9月入学を実行するには、9月入学案の目的と大義は何かということを熟慮・熟議しておく必要があろう。9…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]