/

この記事は会員限定です

電子部品大手、成長力に格差

[有料会員限定]

京セラ、村田製作所日本電産――。京都には日本を代表する電子部品関連企業が軒を並べる。その中でも稲盛和夫氏が創業した京セラはいち早く成長軌道に乗った先輩格だ。だが足元では差が開いている。

1959年、ブラウン管テレビ向けの絶縁部品を生産する京都セラミックとして創業した京セラはセラミック製品やコンデンサーなど様々な部品を武器に急成長した。2001年3月期には売上高が1兆円を突破した。

その後はIT...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン