/

この記事は会員限定です

ウクライナに金銭支援 「NFT」に脚光 ブロックチェーン活用

副首相が発行計画、芸術家支える動きも

[有料会員限定]

ロシアから侵攻され苦境に陥るウクライナ政府を金銭面で支援する手段として「非代替性トークン(NFT)」に注目が集まっている。ウクライナのフョードロフ副首相が週内にもNFT発行計画を発表するほか、世界のNFT発行マーケットプレイスではウクライナの芸術家を支援する動きも出る。

NFTとはブロックチェーン(分散型台帳)技術を使うことで、データを唯一無二のものと証明できるデジタル資産だ。暗号資産(仮想通貨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン