/

この記事は会員限定です

家畜飼料残量 低コスト管理 YE DIGITALが開発

赤外線使い誤差10%以内

[有料会員限定]

安川電機系のシステム会社、YE DIGITALは家畜の飼料タンクの残量を正確に低価格で管理できるシステムを開発した。赤外線センサーを使い、測定時の誤差を10%以内に抑えた。超音波センサーを使う他社製と比べて高精度で、タンク内で飼料が不規則に固まると量りにくくなる問題も解決した。農家は残量が正確に分かるほど、家畜の出荷時期の予測がしやすくなる。3月にも発売し、初年度最大1000農場に導入を目指す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1120文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン