/

この記事は会員限定です

東大に企業家精神あるか

[有料会員限定]

東京大学らしからぬ試みという。5カ月前に公表した量子コンピューターに関する米IBMとの協力だ。「結果が予測でき、うまくいくぞと学内で合意できてから進むのがいままでのやり方。量子コンピューターは完成した技術ではなく、どこに行くかわからない」。相原博昭副学長はそう話す。

確かに前のめりだ。キャンパスに量子コンピューターを置き、実物に触れて研究する体制を整える。テーマはソフト、暗号、生命、ネットワーク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1919文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン