薬入りカプセルを脳に届ける技術

2020/5/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

熊本大学 大槻純男教授らは脳内に薬入りの微小カプセルを届ける技術を開発し、マウスの実験で実証した。アミノ酸がつながったペプチドをカプセルにつけ、脳の血管壁を通過できるようにした。カプセル内に薬を入れれば、アルツハイマー病などの治療に役立つ可能性がある。

脳の血管は、血中の成分が脳内に入りにくい「脳関門」と呼ぶ構造を持つ。脳を守るために重要だが、血中の薬などが届きにくい。

リポソームという脂質…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]