/

この記事は会員限定です

外出自粛で「巣ごもり読書」拡大

出版社や書店、読者開拓に趣向

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続き、紙の書籍販売が打撃を受けている。一方で自宅で過ごす人が増え、需要を掘り起こす好機にもなっている。読者の心をつなぎとめ、いかに読書の楽しさを伝えられるか。「巣ごもり読書」の開拓を狙い、出版社や大手書店が工夫を凝らしている。

「#こんな時だからおすすめしたい本」――。文芸春秋はツイッターで、こんなハッシュタグをつけて書籍を紹介する。投稿は4月1日に始め、競...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り820文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン