市民の日常 科学研究担う
SNSの投稿で新発見も

2020/5/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

一人ひとりの行動が結果につながる――。感染症対策でにわかに脚光を浴びるごくふつうの人々の取り組みが、科学研究の世界に大きなうねりをもたらしている。旺盛な好奇心や個人のこだわりが強みとなり、大学や研究機関に勤める科学者でさえも舌を巻く発見が相次ぐ。科学研究の大半を専門家が手掛けるようになった20世紀以降、科学研究は難解で雲の上の存在になった。市民が参画する動きは「市民科学」と呼ぶ革新を起こそうとし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]