/

この記事は会員限定です

金原ひとみさん パリと東京の生活、エッセーで

[有料会員限定]

2004年、20歳のときに肉体改造する女性が主人公の小説「蛇にピアス」で綿矢りさとともに最年少で芥川賞を受賞した。ままならない夫婦関係を描いた近作「アタラクシア」は今年の渡辺淳一文学賞に選ばれた。最新刊「パリの砂漠、東京の蜃気楼(しんきろう)」(ホーム社)は、6年滞在したパリの最後の1年と東京に戻ってからの日々をつづったエッセーだ。

「時事的な出来事がからむコラムと違い、身辺雑記であるエッセーは難...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り500文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン