/

この記事は会員限定です

情熱胸にチームで描く

原哲夫の劇画進化論

[有料会員限定]

「北斗の拳」「花の慶次」といった大ヒット作を通し、乱世をたくましく生き抜くヒーローをリアルなタッチで描いてきた漫画家の原哲夫(58)。今も劇画の創作と未来について考えている。

「北斗の拳」のケンシロウやラオウ、「花の慶次」の前田慶次といったキャラクターは、幾重にも重ねられた微細な線で造形されている。細部に至るこの「描き込み」が原の神髄であり、写実的で現実に即したドラマ性を持つ劇画の本質を表している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン