/

この記事は会員限定です

事業承継税制、申請10倍

特例で猶予 認知向上に課題

[有料会員限定]

「約3000万円の贈与税の支払いがすべて猶予されました」。都内で部品製造会社を経営するAさんはほっとしたように話す。創業者の父親が80代と高齢のため、2019年に父のもつ株式の贈与を受けて社長に就任した。会社を継ぐ際の税負担がネックだったが、「事業承継税制」が18年に大幅に緩和されたことが背中を押したという。

事業承継とは大まかにいえば中小企業を経営する親から子に経営を譲ること。その際に子は親の株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン