/

この記事は会員限定です

見通し取りやめ、新常態に

[有料会員限定]

7日の米株式相場は反発。米国で経済活動が徐々に再開に向かい、景気回復への期待から株式が買われた。ダウ工業株30種平均は前日比211ドル高で終わった。新型コロナウイルス収束後の回復期待を強める投資家と企業の間では、経済や金融市場のニューノーマル(新常態)を受け入れる姿勢が鮮明になってきた。企業業績見通しの開示取りやめもその一つだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン