/

この記事は会員限定です

DeNA、揺らぐ二本柱

プロ野球、1年無試合で100億円損失も ゲーム、課金収入減

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大でプロ野球のシーズン開幕が遅れ、ディー・エヌ・エーの屋台骨の一角が揺らいでいる。子会社が運営する横浜DeNAベイスターズの収入が大きく落ち込むのは確実。頼みのモバイルゲーム事業の収益力回復にも手間取っている。成長を続けてきたプロ野球収入の減速は新規事業への投資戦略にも影響を及ぼしかねない。

ディー・エヌ・エーの2019年3月期(国際会計基準)の売上高の約15%をスポーツ事業が占める。同事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン