/

この記事は会員限定です

家賃3分の2、半年間補助

自民案、「3割減収」対象

[有料会員限定]

自民党は7日、新型コロナウイルスの影響で家賃支払いが困難になった中小テナントへの支援策をまとめた。前年より3カ月間で3割以上の減収となった事業者らを対象に、6月以降の半年分は家賃の3分の2を国が助成する。上限は中小企業が月額50万円、個人事業主が同25万円とする。

家賃支援策に関するプロジェクトチーム(PT)の会合で「特別家賃支援給付金」制度をまとめた。助成額の上限や割合など詳細を岸田文雄政調会長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り775文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン